スポーツで基礎代謝を上げるには水素水で水分補給をするのがベスト。

水素水サーバーを設置するスポーツジムが増える理由とは

近年では、全国的に水素水サーバーを設置しているスポーツジムが増えています。水分補給の時にジムの水素水を飲んだことがある人も多いのではないでしょうか。運動と水素水を併用することでどんな効果が得られるのか、詳しく見ていきましょう。

スポーツ時に水素水の飲用が勧められる理由とは

水素

人間が運動をすると活性酸素というものが体内に大量に発生します。活性酸素は体内に酸素を取り入れた時に発生する物質で、体内の正常な細胞を破壊してしまうという特徴があります。正常な細胞が破壊されると老廃物が体内に溜まりやすくなります。そうすると、血液もドロドロになってしまい血栓もできやすくなってしまいます。健康やダイエットのために運動をしているのに、こうなってしまっては意味がありません。しかし、運動の時に水素水を飲むことでこの問題は解消できます。なぜなら、水素水には活性酸素を還元する働きがあるためです。この働きにより、体内の酵素の働きも活発になり、基礎代謝がアップするのです。基礎代謝がアップすれば脂肪の燃焼効果も高まるので、ダイエットや肥満の予防にも繋がります。

水素水で得られるメリット

基礎代謝の改善
人間の身体の細胞にはミトコンドリアという物質が存在しています。ミトコンドリアはエネルギー源となる酸素や糖を作り出す役割があります。しかし、活性酸素が増えすぎるとミトコンドリアを攻撃するようになってしまい、代謝能力が低下してしまうのです。水素水には活性酸素を除去する作用があるため、ミトコンドリアを活性酸素の攻撃から守ってくれます。そして、水素水によって活性化されたミトコンドリアにより基礎代謝が改善され、体内の脂肪も燃焼しやすくなるのです。
デトックス効果
水素水には発汗を促す作用があると言われています。これは臨床データからも分かることで、発汗が促されることにより体内の毒素や老廃物が体外に排出されやすくなります。毒素や老廃物が体内に蓄積されると、リンパの流れが悪くなったり、血行が悪くなったりします。そして、免疫力の低下を招き、病気にかかりやすくなってしまうのです。水素水は血液やリンパの流れを促す作用があるとも言われており、デトックス効果が期待できます。
疲労回復
スポーツをした次の日に筋肉痛になったことがある人は多いのではないでしょうか。筋肉痛は筋肉が炎症することで引き起こされます。筋肉繊維が断裂し炎症が起こることで痛みを伴うのです。その炎症部分には活性酸素が発生しており、炎症の治りを遅くしてしまっています。先ほども書きましたが、水素水には活性酸素を除去する働きがあるので、炎症が早く治り筋肉痛を緩和してくれるのです。

このような理由から多くのスポーツマンが水素水sw水分補給をしています。しかし、水素水を飲むことで効果を実感できている人は本当にいるのか気になりますよね。次は、水素水を利用しているスポーツマンの声を聞いてみましょう。

水素水を愛飲している人の声

疲れが残らないようになりました(30代/男性)

生活習慣や健康の改善をするべく、スポーツジムに通い始めました。しかし、なかなか身体の疲れが取れず、ジムに通うのが苦になってきました。サプリ系はあまり信じたことがなかったのですが、スポーツジムに置かれていた水素水サーバーを見て、これなら安心かもと思い飲み始めるようになりました。水素水を飲み始めてから疲れが翌日に残らなくなっただけでなく、肌荒れも解消されました。半信半疑で始めたので、効果が実感できた時には驚きました。

無理のない程度の運動量でも効果が実感できました(30代/女性)

ダイエットのためにスポーツジムに通っているのですが、どれだけ運動しても少ししか体重が減らず困っていました。そんな時に、ジムのトレーナーさんから「水分補給は水素水を飲んだほうが基礎代謝はアップするよ」と教えてもらいました。軽い気持ちで水素水を飲み始めたのですが、前ほど運動しなくてもちゃんと体重が減っていくのが実感できるようになってきました!見た目や味は普通の水なのに、想像以上の効果が得られてびっくりです。

効果の高い水素水を見つけるには

ただ水素水を飲むのではななく、自分が飲む水素水について詳しく調べる必要があります。種類によって得られる効果が違いますから、運動の際に飲むなら運動に適している製品を選ぶ必要があります。

スポーツをする際に知っておきたい基礎代謝の基礎

スポーツなどを行なう際によく耳にする “基礎代謝” さ。しかし、言葉の意味をなんとなくでしか分かっていない人は多いのではないでしょうか。ここでは基礎代謝の基礎知識について紹介します。

そもそも基礎代謝ってなに?

人間は寝ている時も「呼吸」「心臓の動き」「体温維持」などの生命活動が続いています。人間が生きていくために必要となる最小のエネルギー消費量が“基礎代謝”なのです。1日の総消費エネルギー量は、基礎代謝が7割、生活活動代謝が3割です。基礎代謝の中でも、最もエネルギー消費量が多いのは筋肉です。つまり、筋肉量を増やせば基礎代謝がアップし痩せやすい身体になるということです。逆に言えば、筋肉が少なく脂肪が多いと痩せにくい身体になってしまいます。

基礎代謝における計算式とは

効率的に運動を行ないたいのであれば、自分の基礎代謝量を計算した上で消費カロリーを検討してみると良いでしょう。インターネットサイトでは計算式を自動算出してくれるサイトがたくさんありますが、計算式によって結果が異なることがあります。それは、計算式が5種類に分かれているためです。厚生労働省が導きだした計算式もあれば、国立スポーツ科学センターやハリス・ベネディクトが導きだした計算式もあります。基礎代謝は体型の変化によって変動するため、あくまでも目安程度にした方がいいでしょう。

TOPボタン