スポーツの時に水分補給で水素水が勧められるワケ。

基礎代謝を高める方法とは

せっかく料金を払ってスポーツジムに通うのですから、高い効果を得たいと思うのは当然です。ここでは基礎代謝を高めるために効果的な運動法を紹介します。

基礎代謝を高めるには

基礎代謝は筋肉の量によって変わってきます。筋肉量が多ければ、それだけ消費するエネルギーも多くなるのです。そのため、適度な筋トレを行ない筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げることができます。特に足は筋肉が多いので、足の筋トレがおすすめです。「足が太くなる!」と思うかもしれませんが、太ももに適度な筋肉がつくことでキュッと締まった体になります。ダイエットをしている人は無理な減量をしてしまいがちですが、大切なのは規則正しい生活を送ることです。そして、バランスの良い食事を心がけ、よく噛んで食べるようにしましょう。

水素水を併用することで効率的に基礎代謝を高められる?

医者

基礎代謝を上げるには、内臓機能のアップが最も効率的です。というのも、基礎代謝の半分以上は内臓が占めているためです。中でも、代謝・解毒・排出といった働きを持つ肝臓が重要になります。水素水を飲むことで肝機能がアップするという研究報告もあるようです。

ジムトレーナーからのワンポイントアドバイス

基礎代謝を上げることでリバウンドにも強い体になります(ジムトレーナー)

うちのジムでは水分補給は水素水を飲むように勧めています。なぜかというと、水素水を飲むことでリバウンドしにくい体になるからです。食事制限や運動でダイエットをすると、ちょっと油断した時に体型が元に戻ってしまうことがあるのですが、基礎代謝はベースとなる消費カロリーを上げることになるため、太りにくい体を作ることができるんです。

有酸素運動が身体に与える影響とは~活性酸素の恐怖~

基礎代謝を高めるためにスポーツと水素水は非常に効果的だということが分かりました。しかし、有酸素運動に水素水が求められる理由はこれだけではありません。ここでは活性酸素につい解説します。

活性酸素とスポーツの関係性とは

体内で発生した活性酸素は、普通なら体に侵入してきたウイルスや細菌を撃退してくれる頼もしい存在です。体の防御システムとして重要な役割を担っている活性酸素ですが、これが増えすぎてしまうと、途端に厄介な存在になってしまいます。活性酸素が多くなりすぎると、体が酸化して錆びつきやすくなります。また、正常な細胞や内臓を攻撃するようになり、老化や様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。病気の9割以上は過剰な活性酸素が原因だと言われています。スポーツをすると呼吸量が増え、それに伴って活性酸素も増えます。炎天下でスポーツを行なった場合はさらに多くなり、活性酸素が普段の40倍近く体内で発生してしまいます。

その活性酸素に水素水の効果が研究されている

女性

健康のためにスポーツをしているのに、活性酸素が大量に発生して病気になってしまっては意味がないですよね。そこで活躍するのが水素水です。水素は悪玉の活性酸素と強く反応しやすい性質を持っており、通常の細胞や心臓を攻撃するようになってしまった悪玉の活性酸素を無害化する働きがあると言われています。老化や慢性疾患による自覚症状を取り除くというよりは、その自覚症状の原因となる悪玉活性酸素に作用すると思って下さい。未だ現在、人体に対しての臨床結果は報告されていませんが、水素水の具体的な作用や効果については今も研究が進められています。

悪玉活性酸素が取り除かれることで得られる効果

記憶力改善
活性酸素は脳にも存在しています。脳に活性酸素が溜まると、脳の細胞を攻撃されて破壊されてしまいます。これが原因で記憶力の低下やアルツハイマーなどの病気を招いてしまいます。水素は非常に小さな分子なので、脳にも浸透し活性酸素を除去する効果が期待できます。
快眠効果
活性酸素が増えると自律神経が過敏になり、緊張状態になってしまいます。これが続くと不眠の原因になってしまいます。水素水を飲むことで活性酸素が除去されリラックスできるので快眠効果に繋がります。
新陳代謝の向上
体内に活性酸素が増えると、血液がドロドロになり血行不良になってしまいます。水素水で活性酸素を除去することで、血液がサラサラになり血流が改善されます。血流が改善されれば新陳代謝もアップするので、老廃物もちゃんと排出されるようになり、太りにくい体になるのです。

スポーツ時に水素水を摂取するタイミングとは

水分補給として水素水を摂取する際は、飲むタイミングが最も重要になります。ここでは水素水を効率的に摂取する方法について解説します。

水素水を効率的に摂取するタイミングとは

  • 運動開始30分前に、250~500mlを複数回に分けて補給する
  • 運動中は20~30分おきに、一口~200mlほど補給する
  • 運動後は、減った体重の分を補うように何回か分けて補給する

水素水は濃度よりも頻度が大切

高濃度の水素水を飲んだとしても、体内に吸収される水素の量には限界があります。体内で吸収されなかった水素はそのまま体外へ排出されてしまいます。水素水で水分補給をする時に重要なのは、体に吸収される適切な水分濃度が満たされているかということです。さらに、水素水を補給する頻度もポイントになってきます。高濃度の水素水を一度に大量に飲んで無駄に水素を排出するのではなく、少しずつ補給して常に水素を満たしている状態を保ったほうが、高い効果を得ることができるでしょう。

TOPボタン