スポーツをする時に水素水を効率よく取り入れる方法をご紹介。

日常的に水素水を摂取して基礎代謝を高めよう

水素水は日常的に飲用することで効果をさらに高めることが期待できます。水素水はサーバー以外にも様々な商品が出ているので、手軽に飲用することができます。

日ごろから水素水を摂取するメリットとは

水素水を選ぶ時に「濃度」を重視して選ぶ人もいますが、大切なのは水素水を継続して飲み続けることです。確かに高濃度であればあるほど高い効果を得ることはできますが、水素はとても抜けやすいものです。たとえ高濃度の水素水を飲んだとしてもすぐに排出されてしまっては意味がありません。活性酸素は絶え間なく私たちの体内で発生し続けています。日ごろから意識して水素水を摂取することで、継続して効果を実感することができるでしょう。

水素水は様々な形式で売られている

アルミパウチ
アルミパウチを使用した容器に、水素水をパック詰め・ボトリングしたものです。面倒な手間が一切なく、そのまま飲むことができます。小さめのパックなら持ち運びもできるので、外出先にも持って行くことができます。
スティックタイプ
スティック型の水素発生器で水素水を作るタイプのものです。時間や手間はかかりますが、でき立ての水素水を飲むことができるというメリットがあります。衛生面が気になるという人も、使い捨てタイプであれば気にせず使用できます。
ペットボトルタイプ
ペットボトルタイプは工場で圧力をかけて水素を入れられているものがほとんどです。作る手間がなく、持ち運びも便利です。比較的リーズナブルな商品が多いのもペットボトルタイプのメリットと言えます。

水素水は放置すると抜けてしまう?

女の人

水素水は抜けやすいという話を耳にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか。確かに水素は非常に小さな分子なので、抜けやすいものではあります。しかし、水素水から水素が抜けて完全になくなるまでには一定の時間がかかります。一度パウチを開封したらすぐに飲み切らないといけないと思うかもしれませんが、飲みかけのパウチも容器内の空気を抜けばほとんど抜けません。グラスに注いで飲む場合も、激しく揺すらない限り1時間くらいはしっかり水素が含まれているので心配ありません。

日ごろから摂取するなら水素サプリがおすすめ

水と同じように飲用できる水素水ですが、四六時中飲んでいては飽きてしまうかもしれません。スポーツ時以外はコーヒーや紅茶を嗜みたいという人も多いでしょう。そんな人には水素サプリがおすすめです。

水素サプリのメリットとは

水素のサプリメントを飲むことで、体内で水素ガスを発生させることができます。サプリメントの成分が体内で水分に触れると、長時間にわたって水素が発生するという仕組みです。水素を無駄なく摂取できるだけでなく、分子の小さい水素を体の隅々まで行き渡らせることができるというメリットがあります。

水素水と水素サプリ どっちがオススメ?

水素水と水素サプリ、どちらも水素を体内に取り込めるという点では同じです。これらを摂取する際に注意しておいてほしいのは、水素の質と量です。水素の量が少ないと十分な効果を実感することはできないので、水素がどのくらい含まれているのかチェックする必要がありますし、体内に効率よく吸収させるためには質も重要です。水素水の場合、水素が逃げないようにしっかりと加工されている商品でなければ意味がありません。アルミパウチ容器やアルミ缶に入っている商品であれば水素は逃げにくいと言われていますが、1本あたりの水素含有量も事前にチェックしておくことが大切です。サプリメントの場合は、体内で発生した水素をしっかり吸収することができますし、持ち運びにも便利です。どちらの方法で水素を摂取するか、その場のシチュエーションやニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

水素水に関するQ&A

スポーツをする時、水分補給は水素水がおすすめだと言われている理由について説明してきましたが、まだ疑問に思うことはたくさんあるでしょう。ここでは、水素水に関するQ&Aをいくつかご紹介します。

水素水のQ&A

水素水商品を選ぶ際のポイントはありますか?
水素水商品を選ぶ際のポイントは、「水素濃度」「製造年月日」「製造方法」「容器」です。目安ではありますが、濃度は1ppm以上で製造年月日が新しいものが良いでしょう。そして、高圧で水素を溶け込ませてあってアルミパウチ容器のものがおすすめです。
酸化還元電位が低い水素水は普通の水素水よりも効果が高いのですか?
酸化還元電位とは、ものを酸化させる力を数値化したものです。値がプラスになればなるほど酸化させる力が強いということになります。水素水の酸化還元電位はマイナス400mVほどですが、値がマイナスだからといって水素濃度が高いというわけではありません。水素濃度は同じでも、水素の添加方法によっては酸化還元電位の値は変わるのです。
冬場はHOTで飲みたいのですが温めても効果は変わりませんか?
水素水は温めて飲むこともできます。しかし、その温める方法に注意しておく必要があります。水素水をポットややかんで温めてしまうと、水素が空気中に逃げてしまいます。温かい水素水を作る時は、温かいぬるめの水を水素生成器に入れて生成し、生成したらすぐに飲み切るようにしましょう。アルミパウチの場合は開けずにそのまま湯煎するようにして下さい。

ここまで、スポーツと水素水の関係性について紹介してきました。運動の喜びを感じるためにも、身体への効果を実感することが重要になります。水素水を活用して基礎代謝を高め、運動の楽しさを実感して下さいね。

TOPボタン